社会福祉法人大阪市東成区社会福祉協議会

平成29年度 災害ボランティア講習 報告

災害ボランティア講習会

今回の講習会は40代~80代と幅広い世代の方が参加されました。登録ボランティア以外の地域からの参加者も多かったです。
今回の講習会を通してまずは「勇気を出して行動すること!!」それが1番大切であることを学べたと思います。また日頃から地域とつながり、支え合うことも重要であると再認識できたのではないでしょうか。今後も定期的に講習会を企画し、専門的な技術ではなく少しの知識と【勇気】を持った人が増えていけばと感じました。

  • 題  名:いざという時の備え!自分の命、家族の命を守るために
  • 開催日時:1回目:平成29年11月29日(水) 午後2時~4時
         2回目:平成29年12月7日(木)  午後1時半~4時
  • 開催場所:東成区在宅サービスセンター3階 多目的室

近年度重なる大規模災害が発生しています。いつおこるか分からない災害には日頃の支えや助け合いが必要不可欠です。今回の講座では災害についての基本的な知識を学び、一人ひとりが考える機会を持つことを目的に開催しました。
1回目は地震への備え~大切な人のいのちを守る~ 講師は日本赤十字社大阪支部の方に来ていただき、22名の参加がありました。実際に身近にあるバンダナやストッキング、Tシャツ等を使いながら2人1組で止血方法や、本を使った添え木の方法について学びました。みなさんから「こんなものでも出来そう!」などの意見も積極的に出ていました。

  • 災害ボランティア講習会-1
  • 災害ボランティア講習会-2

2回目は救命講習~心肺蘇生、AEDの使い方を学ぼう!~では講師を大阪市消防振興協会の方に来ていただき、18名の参加がありました。心肺蘇生、AEDの使い方を学び、1人で出来ないときには声を出して周りの人にも協力してもらうこと、“勇気”を出すことが大切だということを学びました。「何度も学びたい。」「今は出来ても実際に出来るか不安。」との意見が出たり、実際にそのような場面に出くわした方も何名かおられました。

  • 災害ボランティア講習会-3
  • 災害ボランティア講習会-4