社会福祉法人大阪市東成区社会福祉協議会

新型コロナウイルス特例 総合支援資金特例貸付の【再貸付】について

再貸付は、「令和3年8月末までの間に、緊急小口資金および総合支援資金の特例貸付が終了した世帯」が貸付対象になります。

●総合支援資金特例貸付 【再貸付】申請書様式
(記入例を参考にして、ご自身の現状を記入してください)

申請受付期限:令和3年8月31日(火)(窓口の市区町村社協必着)

3月12日以降にダウンロード様式で申請される方につきましては「総合支援資金特例貸付(再貸付)変更事項に関する確認書」を提出いただくことにより、添付書類を省略することができます。
ただし、直近の契約内容より変更している場合は住民票や本人確認書類、振込先口座のわかる通帳コピーをご提出ください。
申込内容が異なっている場合、虚偽申請として貸付できません。

窓口が大変込み合っており、新型コロナウイルス感染予防の観点から、事前にご予約いただいた方から対応しております。
直接ご来館いただきましても、当日対応することができません。
郵送もしくは、東成区社会福祉協議会ポストに直接投函していただくと、速やかに申請することができます。
面接による貸付相談を希望の方は、事前に予約をお願いします(電話06-6977-7090)

宛先:〒537-0013 大阪市東成区大今里南3-11-2 東成区在宅サービスセンター内
社会福祉法人大阪市東成区社会福祉協議会 生活福祉資金担当 行

記入漏れや署名などの漏れがある場合は、こちらから返送または改めて郵送していただきます。必ず漏れが無いように確認してから郵送してください。

新型コロナウイルス特例 生活福祉資金貸付
【緊急小口資金】【総合支援資金】申請の郵送対応について

下記の手順1~4より申請を行ってください。ダウンロードできない方は、当会から申請書類を郵送(普通郵便)いたしますので、お電話ください(06-6977-7090)。
いずれも、申請受付期限は、令和3年8月31日(火)としています。

手順1
下記様式集から、申請書類をダウンロードしてください。
●緊急小口資金申請書類
●総合支援資金申請書類
手順2
重要事項説明書を確認のうえ、
①借入申込書
②借用書
③重要事項説明書
④収入減少の申立書
に必要事項を記載してください。
手順3
①住民票(世帯全員・続柄記載のもの)
②預金通帳の写し(支店名や口座名義のふりがななどの記載があるページと表紙)
③本人確認書類の写し(運転免許証、マイナンバーカード、特別永住者証明書など)をご準備ください。
手順4
「提出時チェックリスト」による確認の上、必要書類を郵送してください。

宛先:〒537-0013 大阪市東成区大今里南3-11-2 東成区在宅サービスセンター内
社会福祉法人大阪市東成区社会福祉協議会 生活福祉資金担当 行

記入漏れや署名などの漏れがある場合は、こちらから返送または改めて郵送していただきます。必ず漏れが無いように確認してから郵送してください。

送付の方法は、追跡が可能となる簡易書留を推奨しています。

  • 当会にて申請書類を確認し、大阪府社会福祉協議会に提出します。
  • 申請後、審査期間がかかります。ご了承ください。
  • 緊急小口の申請に引き続き、総合支援資金の申請をご検討されている方は、
    お問い合わせください(06-6977-7090)。

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた生活福祉資金貸付制度

新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業で、一時的な生活資金にお困りの方に向けた緊急小口資金及び総合支援資金(生活支援費)の特例貸付を3月25日より実施しています。
申請受付期間は、令和3年8月末までとしています。

緊急小口資金(新型コロナウイルス感染症特例)

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて収入が減収した方を対象に、緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に、少額の費用の貸付する制度です。

総合支援資金【生活支援費】(新型コロナウイルス感染症特例)

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて収入減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難といなっている世帯に対して、生活再建までの間に必要な生活費用を貸付する制度です。

総合支援資金の貸付期間の延長について

総合支援資金特例貸付を利用し、なおも生活困窮の状況が続く方は、要件を満たせば原則3か月までとする貸付期間を延長してご利用できる場合があります。
詳細は、大阪府社会福祉協議会のホームページをご覧ください。

大阪府社会福祉協議会

本制度は返済の必要がある貸付であり、給付ではございませんのでご注意ください。

生活福祉資金貸付等
(相談窓口)

この貸付は、低所得者、障がい者または高齢者の世帯に対し、資金の貸付けと必要な相談支援を行うことにより、その経済的自立および生活意欲の助長促進ならびに在宅福祉および社会参加の促進を図り、安定した生活を送れるようにすることを目的とするものです。

対象

低所得者、障がい者又は高齢者の世帯で、大阪市内に居住(居住地と住民票が一致すること)する方

内容

安定した生活を営むために、国と大阪府が資金を出し、低利で必要な資金をお貸しする貸付金制度で、大阪府社会福祉協議会(06-6762-9474)が実施主体となっています。貸付にあたっては、大阪府社会福祉協議会による審査があります。審査により、償還の見込みが困難と判断される場合は、ご利用いただけない(または貸付額を減額する)場合があります。

貸付の要件など詳しくは、下記(ホームページ)をご覧ください。

大阪府社会福祉協議会 生活支援部

お問い合わせ先

東成区社会福祉協議会 生活福祉資金担当

  • TEL :06-6977-7090(直通)